ホームご挨拶>沿革
事   項
昭和30年

・長野県経済農業協同組合連合会より、味噌事業を継承し、同連合会専務理事中垣貞男 が社長就任。
・長野に山印信州味噌醸造株式会社を創立する。

昭和36年
・明治製菓株式会社と資本提携し、明治食品株式会社を創立。
・急速真空凍結乾燥法によるミソスープ(即席みそ汁)の製造開始。
昭和43年
・全国購買農業協同組合連合会(全国農業協同組合連合会)の取扱食品に指定され「クミアイやまじるし」として全国の農業協同組合に販売を開始。
昭和46年
・味噌醸造の廃液による水質汚染を防止するため、地域同業者と共同し、上田ソイ・イースト工業協同組合を設立。
・工場内に味噌業界初の酵母培養法による廃液の処理を行い地域社会に貢献。
昭和47年
・本社を長野県丸子町より、東京都千代田区に移転し、社名を山印醸造株式会社と変更する。
・全農連指定商品として、味噌部門において、全国初の「エーコープ」マークの使用を認められる。
昭和48年
・業務拡張のため本社を千代田区より板橋区(小茂根)に移転。
昭和51年
・アメリカ、カリフォルニアにミヤコ・オリエンタルフーズINCを設立、会長に中垣貞夫が選出された。
・アメリカに味噌生産工場を完成。
・調理素材として、醤その他の研究を開始する。
昭和55年
・本格的な調理素材の発売を開始する。
昭和57年
・オリエンタル・フーズは創業5年を経過、増産体制を確立すべく工業団地(Baldwin Park)に移転、新工場建設に着手。
・これに伴い倍額増資を行い、資本金は$200,000となる。
昭和59年
・当社の販売部門として同時に設立された山信商事(株)を業務拡張と合理化のため全額出資の完全子会社とした。
・これに伴い3,000万円増資したので資本金は18,000万円となった。
平成元年
・第28回農林水産祭農産物部門において天皇杯を受賞する。
平成06年

・家庭用・業務用「醤」新規発売。
・当社味噌「まろやか」が、第37回全国味噌鑑評会において農林水産大臣賞を受賞した。

平成07年
・創立40周年記念行事を開催する。
・当社味噌「まろやか」が、第38回全国味噌鑑評会において農林水産大臣賞を受賞した。
平成11年
・第49回長野県味噌醤油品評会においてまろやか「淡色系漉味噌」が農林水産大臣賞を受け、第42回全国味噌鑑評会において「淡色系漉味噌」が全味工連会長賞を受賞した。
平成13年
・本社を板橋区成増に移転する(現住所)。
平成17年
・創立50周年記念式典を開催する。
平成20年
・丸子工場、関東醸造所において中華調味料素材製造でISO22000認証取得する。
平成23年
・丸子工場 味噌部門においてもISO22000認証取得する。
平成25年
・第55回全国味噌鑑評会で銘柄「いろり」が農林水産大臣賞を受賞する。

 
 
Copyright (C) yamajirushi jyozo co.,ltd all rights reserved.